煙を求めて幾千里

蒸気機関車を追いかけることに夢中だった青春時代。 その後の長い長い休眠期間を経て、復活した蒸気機関車を再び追いかけ始めました。自然の中を走りぬけていく姿が好きです。

squareの眺め 



石灯篭の奥に広がる農村風景
北陸本線 平成29年7月2日撮影

コメント

こんなことして遊んでたんですね(笑)
平成26年8月4日の私自身のブログ記事によれば、ここで灯篭抜きの可能性に気付いたものの、グッと堪えたようです。
でもやっぱり楽しそうだなあ・・・

憂行写人 #- | URL | 2017/07/03 23:41 * edit *

憂行写人さん

ここには覗き穴がたくさん並んでおり、どれだけ覗いていても御用となりません(笑)
無煙だったこの1号のリベンジとばかりに、回送の方も覗いてしまいました。
当然返り討ちにあってしまうのですが・・・

高辻烏丸 #- | URL | 2017/07/04 21:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ozekin.blog.fc2.com/tb.php/1030-ca6ccf50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)