FC2ブログ

煙を求めて幾千里

蒸気機関車を追いかけることに夢中だった青春時代。 その後の長い長い休眠期間を経て、復活した蒸気機関車を再び追いかけ始めました。自然の中を走りぬけていく姿が好きです。

木造庫 



柱梁が方杖で補強された古い庫に留置中の12号機
北炭夕張鉄道 昭和50年3月27日撮影


鹿ノ谷の光景をもう一つ。北炭夕張鉄道で異形デフを装備した28号機は国鉄から譲渡された49650でしたが、この12号機は1926年夕張鉄道開業に合わせて9200形をベースとして新造された機関車。この時は既に廃車となっていたようです。細身のボイラーであり一見ハチロク風ですが、軸配置が1Dであることから性能としてはキューロク風となるのかもしれません。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ozekin.blog.fc2.com/tb.php/1199-b3238d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)