FC2ブログ

煙を求めて幾千里

蒸気機関車を追いかけることに夢中だった青春時代。 その後の長い長い休眠期間を経て、復活した蒸気機関車を再び追いかけ始めました。自然の中を走りぬけていく姿が好きです。

暁の煙 



山峡に響き渡るドラフトの二重奏
日豊本線 昭和48年8月5日撮影


棚引く煙は青井岳駅を5時26分に通過する1591レ。当時のSLダイヤ情報によるとC57重連となっており、そんなドラフト音が聞こえてきそうです。この日は青井岳の国民宿舎に宿泊していたため、恐らく寝覚めの一枚だったのでしょう。
今年の40度を超えるような猛暑には到底敵わないと思いますが、この年の夏は九州でも暑い日が続いていました。見れば早朝から青空が広がっており、この日もまた暑くなることを予感させる光景です。

コメント

これを狙うとは

この列車を撮影しようという発想が皆無でした。
青井岳の国民宿舎に泊まるのも一度も思いつかず。

夏の朝5時半の山峡、狙えば狙えたんですね。
当時、仲間の間では「音がすごく良いらしい」という
話はありましたが・・・それ言ったら昼間の下り貨物列車も
あれば夕方の下り旅客列車もあったし。

さすがは高辻さん、よくチャレンジされましたね~

マイオ #pcU4xDNY | URL | 2018/08/06 15:04 * edit *

マイオさん

「山峡に響き渡るドラフト二重奏」といいながら、実は当時のこの時の様子は全く記憶にないのです。
また重連ということを見てもいないのに勝手なことを言って・・・(笑)
でも九州は朝が遅く、ちょうどこの頃はぎりぎり日の出時刻前であることは確認しました。
「暁の煙」については自信があります。

でもこれだけの煙、やっぱりドラフト音はすごかったのでしょうね。

高辻烏丸 #- | URL | 2018/08/06 19:56 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ozekin.blog.fc2.com/tb.php/1215-bf2a49bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)