FC2ブログ

煙を求めて幾千里

蒸気機関車を追いかけることに夢中だった青春時代。 その後の長い長い休眠期間を経て、復活した蒸気機関車を再び追いかけ始めました。自然の中を走りぬけていく姿が好きです。

凍夜 



次の仕業に備え静かに休むキューロクたち
帯広運転区 昭和50年3月25日撮影

夜行鈍行「からまつ」で道東から道央への移動途中、帯広駅停車中に撮影した一枚だと思われます。長い停車時間があったのでしょう。

コメント

執念の1枚

昭和50年3月の時刻表を紐解いてみると、424レ上り「からまつ」は帯広22:46着58発
の12分停車のようです。
それを長いと思うか短いと思うか、感じ方は人それぞれでしょうが、普通なら爆睡の
時間帯にわざわざ「凍夜 」の車外に出て撮ろうとするだけでもスゴイ!
高辻さんの1枚に賭ける執念は、その頃から変わらないんですね。

おっと、ホームグラウンドということで、ひぐまさんの解説コメントも拝読したいものです。

ぜっきあいず #djaKVQjc | URL | 2019/02/21 22:35 * edit *

呼びました?

3月25日…私は確かこの日は広尾線の愛国で撮っていたと記憶しています。
標津線でC11を撮っての移動の途でしょうか、このからまつ号は帯広から道央に出かけるには丁度いい夜行でして
岩見沢で蘭線の始発に接続するのでサヨナラ225レへもからまつ号で行きました。
周遊券によるからまつ号を使った列車ホテルは富良野で上下乗り換えだったようです。
さてさて画の方、帯広運転区の夜景いいですね。我がホームだったのに夜景を撮っておらずで執念の一枚が羨ましい限りです。
因みに右のキューロク39670はこの数日後に火を落とし廃車となりました。

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL | 2019/02/23 01:53 * edit *

からまつ・・・

現役時代、これにはなぜか乗車した覚えがないです。
網走までで、釧路と帯広に行ってないからか。
大雪には何回か乗車してた記憶がありますが。
こういう場面が撮れるんだったら、乗車するんでした。

マイオ #pcU4xDNY | URL | 2019/02/23 11:26 * edit *

ぜっきあいずさん

手元には当時の時刻表が残っていませんので、停車時間は分かりませんでした。
調べて頂きましてありがとうございます。
ここでのバルブ撮影は二コマだけですので、12分停車は頷けますね。
この日は一日中標津線で撮影していましたが、朝の一本http://ozekin.blog.fc2.com/blog-entry-496.html以外は運よく車に同乗させて頂くことができて楽ちんな撮影でした。
http://ozekin.blog.fc2.com/blog-entry-243.html
そんなことからこの一枚も執念というより、恐らくはエネルギーが有り余っていたからできたんじゃないかなという風に思っております。

高辻烏丸 #- | URL | 2019/02/24 11:19 * edit *

ひぐま3号さん

実はここは帯広運転区だという確信がありませんでした。
ひょっとすると池田機関区かもと思っていましたので、ひぐまさんのコメントを頂けてほっとしているところです(笑)

この日ひぐまさんは広尾線でしたか。結局私は広尾線へは一度も行かずじまいでした。
春休み真っ只中のこの時期、皆さんそれぞれに忙しかったようですね。

それにしてもさすがにホームグラウンドだけのことはあります。
デフやら給水温め器の位置やら全く同じようなキューロクが並んでいるように見えるのですが、こんな遠目でもよく機番がわかるものです(脱帽)

高辻烏丸 #- | URL | 2019/02/24 11:28 * edit *

マイオさん

この時の渡道では釧路からの「からまつ」乗車は、この日と3月31日の二度でした。
3月31日の方は網走北見方面で撮影をして夜道央へ向かう予定でしたが、なぜわざわざ釧路経由としたのかが記憶にないのです。
その日オホーツク沿岸地方は大雪に見舞われ、皆さん列車内で「缶詰」となってしまったようですので、http://ozekin.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
やはり安全策をとって「大雪」を避け、釧路経由にしたのかもしれません。
ちなみに3月31日の「からまつ」では、昼の大雪に疲れ果ててしまったのか帯広でのバルブ撮影はやっていませんでした。


高辻烏丸 #- | URL | 2019/02/24 11:33 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ozekin.blog.fc2.com/tb.php/1311-5fbb3357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)