煙を求めて幾千里

蒸気機関車を追いかけることに夢中だった青春時代。 その後の長い長い休眠期間を経て、復活した蒸気機関車を再び追いかけ始めました。自然の中を走りぬけていく姿が好きです。

ラサ工業の日常 



工場内の専用線、地元の人は往来自由
ラサ工業宮古工場 昭和51年3月


入れ替え作業をしているC108が停車中。その前を横切っていく和服の母親とランドセル背負う小学生の姿からすると、小学校では卒業式があったのかもしれません。
大井川鐵道SLフェスタではこんなラサ工業時代の姿となったC108でしたが、やはり前面に手摺まではついていなかったようです。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ozekin.blog.fc2.com/tb.php/969-5910375e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)