煙を求めて幾千里

蒸気機関車を追いかけることに夢中だった青春時代。 その後の長い長い休眠期間を経て、復活した蒸気機関車を再び追いかけ始めました。自然の中を走りぬけていく姿が好きです。

尾花揺れる 



冷たい季節風吹きつける日
大井川鐵道 平成25年12月21日撮影

高千穂峰遠望 



枯れ草も霜で凍てつく冬晴れの朝
吉都線 昭和48年12月26日撮影

ぼたん雪 



視界落ち出発の白煙も霞む
大井川鐵道 平成25年1月26日撮影

黄昏の煙 



日は没し明るさ僅かに残る時
大井川鐵道 平成23年1月8日撮影

なごり雪 



柘植駅を発車、逆単機で貴生川へ向かうC58
草津線 昭和48年3月25日撮影


前回の続きです。後藤型デフD51499の直後にやってきたのはC58312。小雪舞う中、同年代と思われるグループも撮影しています。皆さん今も蒸気機関車を追いかけているのでしょうか。線路右側には関西本線から分岐した通信線が写っていました。

異形デフとの出逢い 



小雪舞う中、柘植駅を発車してきたのは後藤型デフD51499
関西本線 昭和48年3月25日撮影


九州で多くの門鉄型デフに出逢ったのはこの年の夏。それまで見てきたのは標準デフばかりでしたので、この時は大変嬉しかったのではないでしょうか。
手前の線路は関西本線から分岐している草津線で、後方かすかに見える信楽線へ向かうC58逆単機がこの後すぐやってきます。見事なハエタタキも写っていますが、よく見ると通信線の向きは二方向。その方角や規模から察するに、線路と同様ここで分岐していたようです。

日暮れのプッシュプル 



川沿いにあがった二条の白煙
大井川鐵道 平成24年1月1日撮影


こんな重連運転もあった6年前大井川のお正月でした。

平成30年 謹賀新年 



ぽっかり天使の輪が浮かんだプレ年賀列車
大井川鐵道 平成29年12月2日撮影


この日は一足早く戌の賀正ヘッドマークと日章旗が装着されていた川根路号。運よく天使の輪を拝むこともでき、今年は良い年になることを約束してくれているように思えたのでした。

本年も旧年同様宜しくお願い致します。

白煙纏って 



これこそがトンネル飛び出しの醍醐味
大井川鐵道 平成29年12月23日撮影


20‰の上り勾配が続くトンネル、漆黒の坑内からはリズミカルなブラスト音が流れてきます。その瞬間、高まる期待に応えてくれた見事な白煙。


突然の病により無理のきかない体となってしまった今年。そんなこともあって来年からは登山での俯瞰は少なくなり、こんな線路傍での撮影が増えるのかもしれません。でも蒸気機関車を撮影することができるのであれば、遠くからでも近くからでもいいのです。ただ撮影ができることに感謝して。

それでは皆様良いお年をお迎えください。

帰り道 



日が傾いた大井川沿線、その時サンタトーマスはポッと一息
大井川鐵道 平成29年12月23日撮影

Christmasジェームス (2) 



斜光を浴びトンネルへと突入
大井川鐵道 平成29年12月23日撮影

Christmasジェームス 



ツリーの飾りは夏みかん
大井川鐵道 平成29年12月23日撮影

夜汽車が往く 



薄暗い構内に白煙が浮かぶ
大井川鐵道 平成25年2月23日撮影


今年の大井川鐵道ナイトトレイン、目玉の一つは「後ろ開けっ放し旧客編成」。貫通扉のない懐かしい国鉄時代の旧客風情を楽しむことができます。

雪柿 



突然襲ってきた吹雪に白煙霞む
北陸本線 平成26年12月14日撮影

クリスマス行路 



枯れた尾花は雪代わり
大井川鐵道 平成28年12月23日撮影


今年もこの季節がやってきました。一度くらいは行かないと。

 



白々としてきた空の下、C57のキャブが浮かびあがる
日豊本線 昭和48年12月24日撮影


早朝の高鍋駅、夜行列車を下車した際の一枚ですが、残念ながらネガに残るはこのカットのみ。こんな時にはもっともっと撮影しておくべきでした。

黄楓 



日の丸をはためかせて往く秋の道
大井川鐵道 平成29年12月2日撮影


この日は年賀状用の写真が撮影できるよう、2018年の干支をデザインした賀正ヘッドマークと日の丸がかわね路号に装着されていました。

学び舎 (2)  



廊下から眺めた昔懐かしい木造教室
大井川鐵道 平成29年12月2日撮影

学び舎 



子供たちの賑やかな声が響き渡っていたのも今は昔
大井川鐵道 平成29年12月2日撮影


廃校となって40年ほど経過した旧青部小学校。その間いろいろな使われ方をされながら維持保存されてきたようですが、いよいよ解体の危機に瀕しているということです。すぐ隣にある青部駅の駅舎とともに懐かしい昭和の景観であり、なんとか残ってほしいものです。

二橋晩秋 



橋上で風に煽られ煙立つ
大井川鐵道 平成22年11月28日撮影